造園(和風庭園・洋風庭園・現代庭園・ガーデニング)の事からエクステリア工事まで、仙台市青葉区の安達造園 緑に限りない感動と喜びを求めて

mainlogo.png
contact1.png contact2.png
btn-home.jpgbtn-about.jpgbtn-case.jpgbtn-flow.jpg
maintenance-banner.jpg
maintenance-tiltle01.jpg
maintenance-img01.jpg

庭木が生長すると枝葉が茂り光や風の通りが悪くなり、病害虫の発生の原因になります。また、伸びすぎた枝葉が近隣の迷惑になることもあります。
木の健康を保ち限られたスペースで庭を楽しむ為にも庭木の剪定が必要です。

maintenance-tiltle02.jpg
maintenance-img02.jpg

病害虫や病気からの被害を防止する為にも薬剤散布を行います。
特に害虫の発生する梅雨前と9月頃に散布すると被害を最小限に抑える事が出来ます。
また害虫を駆除する事により病気の発生も少なくなります。

春(3月~5月)

芝生の手入れに良い季節なので芝の刈り込み、目土、エアレーション施肥、芝張に適した時期です。
またそれと同時に他の花の終わった花木を刈り込む事によって翌年も美しい花を楽しむ事ができます。

夏 (6月~8月)

梅雨の時期は病害虫の発生も多くなるのでマメに薬剤散布を行う事が樹木の為には大切です。
この時期は雑草もよく生え除草作業が必要になります。樹木の新芽が固まり庭木の剪定、刈り込みを始める時期でもあります。また庭木が水をほしがる時期でもあるので水やりが必要です。

秋 (9月~11月)

剪定、刈り込みによい時季で年に1度だけ刈り込みの場合は少し深く刈ります。庭木の植え込み、移植に良い時期です。特に落葉樹はこの時期が適してます。

冬 (12月~2月)

この時期は落葉樹の休眠期の為、大きくなりすぎた落葉樹があれば強剪定をして小さくするのには最適です。1月に入ると寒肥を始めます。これにより花実のつきをよくし樹木に勢いをつけます。

Copyright © 2012 adachizouen All Rights Reserved.